未分類

クレンジングの種類別特徴効果まとめ

クレンジングには、いろんな種類があります。

そのクレンジング別に効果や特徴をまとめました。

バームクレンジング

通常は、固形のような状態なのに、お肌に乗せると体温でとろけるバーム状のクレンジング。

メリフ クレンジングバームもこのバーム状クレンジングになります。

バーム状クレンジングの特徴は、体温で溶けることによって肌に馴染みやすく、メイクや角質などのお肌の汚れを絡みとってくれること。

美容成分も配合しやすいクレンジングなので、メリフバームクレンズもそうですが、美容成分がたっぷり配合されているものが多いです。

ジェル【ゲル】クレンジング

ジェルクレンジングには2種類あって、ジェルが天然のものと合成のものがあります。

合成のジェルを使用したクレンジングは安価なものが多いですが、余分な皮脂を取りすぎてしまったりお肌を刺激するものがほとんどなので、安価なジェルクレンジングは選ばない方が良いでしょう。

天然のジェル【ゲル】を使用したクレンジングは、お肌にも優しく角質などの汚れもしっかり取ってくれます。また美容成分も含んだものならさらに良いでしょう。

ただ、天然ジェルを使用したクレンジングは、クレンジングの種類の中でも一番高価と言えます。値段を気にされない、とにかく良いものを使いたいという方は、天然のジェルクレンジングを使用すると良いでしょう。

オイルクレンジング

オイルクレンジングは、濃いメイクもするっと落ちるということで、一時期大流行しました。

今でもたくさんの種類のオイルクレンジングが販売されています。

確かにオイルクレンジングは汚れ落ちがしっかりしているものがほとんどです。

濃いメイクもポイントメイク落としがいらないほどよく落ちます。

ただ、その分皮脂をとりさってしまってお肌が乾燥してしまいます。

乾燥肌でオイルクレンジングを使っている、という方はそのオイルでのクレンジングが乾燥の原因となっていることがあるので使用は止めた方が良いでしょう。

ミルククレンジング

ミルククレンジングは、一番お肌に優しく洗顔後の潤いも良いですが、メイク落ちは一番悪いです。

全てのメイクをせっけんで落ちるもので使用している、という方はミルククレンジングでも良いかもしれません。

どのクレンジングでもお肌に合わなかったという敏感肌の方はミルククレンジングを一度試してみても良いと思います。

ただ、角質などの汚れもたまりやすいので、お肌がごわつきやすい点が要注意です。

クレンジングの種類まとめ

クレンジングの種類を、4種類紹介しました。

女性なら、メイクはかかせないものだからこそ、お肌をきれいに保つにはクレンジング選びが重要です。

私のおすすめはバームクレンジングですが、いろいろ試してみてお肌にあったものを選べるといいですね♪

メリフ バームクレンズ詳細に戻る